超便利な着付小物【コーリン和装締め】

自分で着物を着る人へ。

普段あまりものを強くおすすめしないのですが、

「これは持ってた方がいいよーーー!!」

と大プッシュしたいものがあります。

それがコチラ。「コーリン和装じめ」です。

 

騙されたと思って試してほしいです。
なんでもっと早く使わなかったんだろ!ってなりますよきっと。

私はこのコーリン和装締めを、長襦袢を着る時に使っています。(使い方は下の方に書いてます。)

・着付けも楽
・着ていても楽
・衿がきれいにきまる

もう手放せません!

Sponsored Links

で、コーリン和装締めってなんなの?

コーリン和装締めをご存じない方は、「コーリンベルトと同じ?違うの?何が違うの??」とお思いでしょう。

image

↑こちらがコーリン和装締めです。

形状はコーリンベルトによく似ていますね。両端にパッチンが付いてます。

 

image

↑コーリンベルトと並べて比較してみました。長さが違うのがわかりますか?
  上:コーリンベルト
  下:コーリン和装締め

「コーリンベルトの長いバージョン」が「コーリン和装締め」だと思っていいと思います。

コーリン和装締めの構造

image

↑箱から取り出すと、こんな状態で出てきます。

 

image

↑それぞれの端に付いている留め具を、

 

image

↑パチンと留めると、

 

image

↑このように1本の長い状態になります。
私はこの状態にしてから使います。(使い方は人それぞれですけどね)

 

使い方

はい、そしてやっと使い方の説明です。

image

↑まず、衣紋抜きにコーリン和装締めをひっかけておきます。

(ひっかける前に、衣紋が詰まってくるのを防ぐため、あらかじめ衣紋抜きに1本別の紐を通して体の前で結び切りしておきます。)

 

image

↑衿の合わせ具合を整えたら、(自分から見て)左側の身八つ口からコーリン和装締めを中に通して、下前の衿先を留めます。

次に上前の衿も整えたら、そのままぐるっと背中を通って胴に一巻きします。
この時、衿の合わせがずれないように気を付けましょう。

 

image

↑そして、上前の衿先を留めます。(左手の押さえてる部分)

 

image

↑こんな感じです。

締め具合は、キツすぎず、ゆるすぎず、です。
箱から出した状態だとかなりキツくなっているので、アジャスターで調節してくださいね。

 

image

↑衿元ピシー!前もスッキリ。

 

image

↑後ろもスッキリ~。

 

長襦袢を着るときはこれだけで十分。
伊達締めは使ってません。

 

image

↑長襦袢だけでなく、もちろん着物に使ってもOKです。

(とか言って、私は着物には使いませんが💦着物にはコーリンベルトを使っています。)

 

コーリン和装締めを使う理由

私がコーリン和装締めを使う理由。

それは、

・衿元がきれい

・ゴムが伸縮するから楽ちん

・留め具がフラットだから
 (紐の結び目がゴロゴロするのが苦手)

以上です。

 

めったに着物を着ない方は、わざわざ持つ必要はないでしょう。人に着せてもらうと思うので、腰紐でもきれいに着付けしてもらえます。

自分で着るよ、しょっちゅう着るよ、という方は、ひとつ持っていてもいいと思いますよ。
着ているうちに衿が開いてきちゃう、きれいにきまらない、とお悩みの方は一度コーリン和装締めを使ってみると、改善すると思います😊

おすすめですー♪

便利グッズに抵抗のない方はぜひ💡

 

↓ご購入はこちらからどうぞ↓


Sponsored Links

1+

2 thoughts on “超便利な着付小物【コーリン和装締め】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です