【きものトコモノ着付け教室】2017年1月20日(金)

本科のレッスンです。

もう本当にきれいに着られていて、今は細かいところを突き詰めている感じです。

「腰ひもを締める高さでおはしょりの長さを微調整する」とか、
「自分の右側のおはしょりをめちゃくちゃきれいに整える」とかそんな感じです。

”自分で着られた!”から2歩も3歩も先のところで自装を楽しく習得してらっしゃいます😊
”美しく着たい”という思いが毎回伝わってくるのですよね~💕

 

以前は、長襦袢を着る段階で衿をしっかり合わせていたとしても、帯を締め終わった頃には半衿が隠れちゃってて…残念…😢
ということがありましたが、今はそれをすっかり克服。

衿元がいつまでもきれいな状態を保っています✨

それはなぜか…

長襦袢にこちらを使用しているからですね↓

 

「コーリン結び」です。
私は「コーリン和装締め」を愛用していますが、「コーリン結び」も要は同じ。
パッチンで留めるか、紐で結ぶか、の違いだけです。

 

こちらの記事で詳しく書いています↓

 

長襦袢にコーリン結びやコーリン和装締めを使うだけで本当に衿元のきれいさが違ってくるので、ぜひ取り入れて欲しいアイテムですね。

新しいアイテムをわざわざ買うのもあれだわーという方、コーリンベルトでもOKです。もしコーリンベルトを2本持っていたら、1本は長襦袢に。そしてもう1本は着物に使ってみてください。全然違いますから。

以上、半衿隠れちゃう問題はたった一つのアイテムで改善できる!という記事でした。

 

私が実際に購入したところを載せておきます。ご参考までに。

コーリン結び(結ぶタイプ)↓

 

 

コーリン和装締め(パッチンタイプ)

 

 

コーリンベルト(普通の)↓せっかく買うならDXがおすすめです。しっかりしてます。

 

 

Amazonはこちら↓

 


【きものトコモノ着付け教室】は、生徒さん募集中です!

着付けをはじめてみようかなと思っているみなさん、興味はあるんだけどよくわからない、と思っているみなさん。思い切って最初の一歩踏み出しませんか?
1回2時間、月に4回、月謝4,000円、平日夜19:00~、茨城県鹿嶋市でやっております。
ぜひ一度体験レッスンに来てみませんか?

お着物をお持ちでない方は練習用の着物をレンタルできますのでご安心を。
見学だけでももちろんOKです!

詳細はこちらでご確認ください→着付け教室の詳細

CONTACTページより、ご連絡お待ちしています(^^)

 

 


 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です