講師プロフィール

Fumie
1982年 茨城県鹿嶋市生まれ
  • 大学進学と同時に上京。
  • 大学卒業後、国内コーヒー会社へ就職。
  • 語学留学の為、退職。フランスへ渡る。
  • 帰国後、地元鹿嶋市の企業に就職。
  • 仕事帰りに着付教室と日本舞踊教室に通う。
  • 着付教師一級の資格取得。
  • 2014年に『きものトコモノ』着付教室を開講。

現在、茨城県 鹿嶋市にて少人数制クラスで着付教室を開講しています。
休みの日には美容室で出張着付けをさせてもらっています。

【着物に興味を持ったきっかけ】

sari1フランス留学中でのちょっとした出来事がきっかけでした。当時通っていた語学学校で同じクラスにいたインド人の女性、彼女はインド民族衣装であるサリーを毎日、身に着けていました。サリーに興味があったので、「奇麗だよね」「着るのやっぱり難しいの?」と 近くの席に座る度にそんなことを話していました。 そして最後の授業の日、「フミエ、ちょっと来て!」と 彼女に呼ばれ、サリーを着せてくれたのです。 初めてサリーを着られたことが嬉しく、とても印象に残る出来事でした。
私も日本人として、着物を着られるようになりたい。人にも着せてあげて喜んでもらいたい!』 そうして、いつか外国の方にも着物を着せてあげられるようになることを目標に、着付けを習い始めました。やっていくうちに着物の奥深さ、着物の魅力にはまり、一級教師の資格を取得するに至りました。
着物って難しくないんです。
特に普段着なんて、好きなように着たらいいと私は思います。 洋服のファッションを楽しむように、気軽に着物を楽しむ方が少しでも増えたら嬉しいです。