円覚寺のお寺カフェ〈如意庵 安寧〉の話。

みなさま、秋を存分に楽しみましたか??

今年は紅葉を見にどこかへ、、という機会がなかったので、2016年の鎌倉の紅葉を懐かしく思い出しながらブログを書いております。写真多めになります🙂

 

Sponsored Links

お寺の境内にひっそりと佇む茶寮、安寧。

ゆったりとした和の空間

鎌倉へ紅葉を見に行こうようということでやってきました。北鎌倉にあるお寺、円覚寺です。こちらの境内にあります安寧という茶寮で、ゆったりとお庭を眺めながらお抹茶とお菓子を頂いてきました。

お店の手前、階段の下には季節のお花が添えられたとっても控えめな看板があります。つい見過ごしてしまいそうなほど周囲に馴染んでおります。

中へ入ると茶室もあったりして、落ち着いた雰囲気です。

そして石油ストーブの上には、鉄瓶。

ぽってりしたシルエットに癒されます。これが普通のやかんだったらちょっと味気ないんでしょうね、絶妙です。

甘いもの

上生菓子付きお抹茶をいただきました。季節ごとにお菓子が変わるようです。
この時のお菓子は「風花」というものでした。

風花という言葉から”桜の花びらが風に舞っている様子”、”桜吹雪”みたいなのをイメージしたのですが、、それだと季節が真逆です。

何だろうと思い言葉の意味を調べてみると、
風花【かざはな】
 ・晴天に風に舞うようにちらちらと降る小雪
 ・山などに降り積もった雪が風によって飛ばされ、小雪がちらつくこと
このような意味があるそうです。

うん、言葉のイメージにぴったり。日本語って美しいですね。和菓子って美しいですね。

そしてこちらはあんみつ。ひとつひとつが綺麗。

どれもとてもおいしかったです☺️

営業日と素敵な接客

ぜひぜひ訪れてみてほしい安寧さんですが、注意していただきたいのが営業日。
営業しているのは、水曜日・木曜日・金曜日・第2土曜日のみです。
土日休みの会社員にはなかなかハードルの高い設定となっておりますが(笑)、今度は初夏のころに行ってみたいなぁと思っています。

それから、接客がとてもあたたかくて素敵でした、居心地がよかったです☺️距離感がちょうどよくて、常連さんがいらっしゃるのもよくわかる。ぜひまた訪れたいと思う素敵なところでした。

如意庵 安寧のホームページ

紅葉の写真いろいろ

写真をたくさん撮ってきたので載せてみます。

円覚寺

入口の燃えるような紅葉。迫力でした。

広い境内を歩いていると、緑・黄・赤。
秋の三重奏、って感じでしょうか🎵

明月院

悟りの窓からのぞく秋です。とってもフォトジェニックな場所です。

悟りの窓から写真を撮るための列に並びながら枯山水庭園を眺めると、一匹の猫が気ままにちょろちょろしてました(笑)

「明月院ブルー」とよばれるあじさいで有名な明月院ですが、秋の紅葉もすてきでした。

長寿寺

季節限定で特別公開されるという長寿寺。
たまたま脇を通りかかったのでお邪魔したのですが、日差しがたっぷり降り注ぐ素敵なお庭があったりして、いいところでした。

日本昔話に出てきそうな屋根もありました。

 

途中、小町通りで食べた抹茶のジェラートがおいしかったです。
抹茶の濃さを5段階で選べるお店で、こちらは濃さ4ぐらいだったかな。

長谷寺のライトアップ

日差しの下で眺めるものとまた違い、夜の紅葉もきれいでした。
木の幹もかっこいいです。

そして長谷寺を訪れたならこれ!
良縁地蔵です。感じてください、この全力の癒しを!笑

このお地蔵さんを眺める人たちを見ていたら、みんな同じ優しい~お顔になってました(笑)

まとめ

鎌倉は見どころがたくさんあって、歩いているだけで楽しい町です。寺社仏閣、おいしいご飯屋さん、感じのいいカフェ、素敵なお店、のんびりした猫にも出会えるし、どの季節に行っても楽しめます😊

つまり言いたいことは、「鎌倉大好きじゃん!」ってことです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


使用したミラーレスカメラはCanon EOS M3です。

 

7+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です