鏡を見ないで着物を着る!

2017年2月7日(火)のレッスンです。

まず上の写真をご覧ください。

着物コート(ケープ?マント??)です。

帰り際にサラッと羽織られたので「わーっ素敵ですねー✨」と食いついたところなんと!

ご自分でお作りになられたと!!

すごい!さすがデザイナーさん!!
和服も洋服もいけちゃうデザイン。さすがデザイナーさん!!
「ダーッと四角く縫っただけですよ😊」
なんて言ってたけど、いーや、そんなはずはない。私にはできない。すごすぎる。

 

今は教師科の勉強をしていますが、本科と専攻科のテストを受けようかなとお考えの生徒さん。これからはテストに向けての練習をしていくことにいなりました。

本科の実技のがこちら。
・着物を着て、名古屋帯でお太鼓を締める
・鏡を見ないで15分以内

ご覧のとおり、鏡はプイッと明後日の方向を向いていますよ。

鏡を見ないなんてムリムリ!と言う方がほとんどですけど、これ実際やってみると、意外といけます。いけちゃうものなんです。

はいっ、とてもきれい☺️

衿元も左右対称で👍✨

半衿をどれくらい出すかっていうのも、全部指先の感覚で決めていきます。着物の衿と半衿を触って確認しながら調整していくのです。

自分で思っているよりも、若干着物の衿を詰め気味にするといい具合の仕上がりになります。(私の経験上、そんな気がしています)

あと難しいところといえば、裾を決めるところでしょうか。
ポイントは、足元を覗きこむような体制をとらずに(腰を曲げずに)、目だけ下を向けて裾の長さを確認すること。

はいっ、お太鼓!

たれの長さを決めるところは、う~鏡見たい~ってなるけど、指先の感覚で測っていきます。左右同じ長さになってるかな、曲がってないかな、と確認しつつです。

鏡なしで着てみた感想をたずねると、「触覚大事ですね」と。
そうそう、そうですよね。目から入ってくる情報が減る分を、別の感覚(今回の場合は触覚)で補わないといけませんからね。

さぁみなさん、触覚を研ぎ澄まして、あえて鏡に背を向けて着物を着てみましょう🎵

 

【きものトコモノ着付け教室】は、生徒さん募集中です!

着付けをはじめてみようかなと思っているみなさん、興味はあるんだけどよくわからない、と思っているみなさん。思い切って最初の一歩踏み出しませんか?
1回2時間、月に4回、月謝4,000円、平日夜19:00~、茨城県鹿嶋市でやっております。
ぜひ一度体験レッスンに来てみませんか?

お着物をお持ちでない方は練習用の着物をレンタルできますのでご安心を。
見学だけでももちろんOKです!

詳細はこちらでご確認ください→着付け教室の詳細

CONTACTページより、ご連絡お待ちしています(^^)

 

 


Sponsored Links

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です