【かしま灘楽習塾】10回目 9/16。

灘塾、第10回目です✨

まずは先週の復習、名古屋帯でお太鼓。
一週間前に灘塾第9回目があったので、みなさんさすがに体が覚えているというか、慣れているというか😊

image

それぞれのペースで。急ぐ必要はありません、ひとつひとつ確実にすすめていきましょう♩

 

さて、今日は新しい帯結び「ニュートーキョー」を✨

ここの教室ではニュートーキョーと呼んでいますが、一般的には「銀座結び」と呼ばれています。

image

仕上がりはこういう形。粋ですよねー😊着慣れている感がupします。

ニュートーキョーはカジュアルな帯結びなので、友達とのお出かけやランチ、買い物なんかに結んでいくといいかも。紬や小紋に合わせるとしっくり来ると思います。あくまでカジュアルなので、フォーマルやお茶席には向きませんのでご注意を。

ニュートーキョーとお太鼓は結ぶ手順も違いますが、見た目も結構違いますね。お太鼓との違いを挙げてみましょう。

  • 全体的に重心が下にくる
  • 手先が体から離れて、横から見ると三角形になるイメージ
  • 背中はピタッとさせて高さを出さない
  • 下の部分はふっくらとさせる(ここが女性らしい色気ポイント)
  • たれは長め

 

image

う〜ん、いいですね、かっこいい雰囲気。柄もぴったり出ててバッチリ!

帯枕を使わないので、締めていても楽なんです。
枕を使う場合は、高さのない薄いものを使用しましょう。私は枕を手作りしましたよ。「段ボール」「タオル」「ガーゼ」この3つで簡単に作れますので、わざわざ買うこともないでしょう。

22㎝×7㎝の大きさに段ボールを切って、それを小さいタオルでくるんで、さらにガーゼで巻く。これだけです。大きさはご自分のお好みに合わせて変えてください♩

ということで、今日の帯結びはラフな感じで気軽に締めていける帯結び、ニュートーキョーでした😊

 

こんな感じで着付教室をやっています。着付けはじめてみようかなと思っているみなさん、興味はあるんだけどよくわからない、と思っているみなさん。思い切って最初の一歩踏み出しませんか?
1回2時間程度、月に4回、月謝4,000円、茨城県鹿嶋市でやっております。ぜひ一度体験レッスンに来てみませんか?見学だけでももちろんOKです!
詳細はこちらでご確認ください→着付け教室の詳細
CONTACTページより、ご連絡お待ちしています(^^)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です