男性の着付けも。

キモノ男子増えればいいのに。

着物を着るのはもちろん女性だけではなく、男性も着る機会はありますね。
成人式とか七五三とか結婚式とか。

こういう特別な時だけじゃなくて普段から着物を着る男性が増えたらいいのになぁと思います。着物男子、かっこいい。

 


 

Sponsored Links

 

ということで男性の着付けも勉強します。

女性の着付けと比べて、男性の着付けはめちゃくちゃ簡単。

前を合わせて紐で締める。
帯を締めたら、ハイ、完成。

って感じです。

 

着流し。帯は貝の口。

袴を付けない、着流しの着付け。
男性の角帯は長いので、胴に3周巻きます。(女性は2周ですね)

 

帯はオーソドックスに貝の口を。キリッとかっこいい。
結び目は背中の中心を避けて、左右どちらかに少しずらしますよ。

 

男性の袴。尻っぱしょり。

袴をつける場合、袴の中で着物と長襦袢の裾が邪魔になるので「尻っぱしょり」をします。
このようにうしろの裾の真ん中をつまみあげて、

 

腰紐にひっかけて裾を上げます。

袴で隠れちゃうけど、中をきれいに整えるのを忘れずに。(横から見えるっちゃ見えるのでね)

ここに角帯を締めて、袴をつけていきまーす。

 

男性の袴。袴の紐を十字に結ぶ。

前紐をしっかりと締めたら、後ろ紐を2本合わせて前紐の奥をくぐらせます。シュッとやります。(←わかる人にはわかるやつ)

 

そしたら紐の長さをはかって、丁寧にたたんで、クロスの形に整えます。

 

途中の段階で写真を撮っておくと忘れませんね。バッシャバシャ撮ってください。

 

この先唐突に着物男子ブームが湧き起こるかもわかりません。(そうなればいいと切に願ってます)
いつ何時、男性に着付けをする機会があるかわからないので、頼まれた時に自信を持ってできるように身に付けておきましょー♪

使用カメラ&レンズ

最近教室で使用しているカメラはこちら。Nikon D750

 

レンズはなぜかマクロレンズを使用。
 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

 

 

 

☆【きものトコモノ着付け教室】は、生徒さん募集中です

着付けをはじめてみようかなと思っているみなさん、興味はあるんだけどよくわからない、と思っているみなさん。思い切って最初の一歩踏み出しませんか?

・1回2時間
・月に4回
・月謝4,000円
・平日夜19:00~
・茨城県鹿嶋市
でやっております。
ぜひ一度体験レッスンに来てみませんか?

お着物をお持ちでない方は練習用の着物をレンタルできますのでご安心を。
見学だけでももちろんOKです!

※月謝制ではなく(継続して通わない)、単発レッスンも承ります。「久々に着物を着るんだけど帯の締め方を復習したい」、「着方を忘れないようにたまに着物に袖を通したい」、なんていう方はこちらがおすすめです。単発レッスンは、1回2時間2,000円です。

毎回のレッスン終了後にお茶タイムもありますよ♪←お帰りお急ぎの生徒さんはお持ち帰りしていただいています(^^)

詳細はこちらでご確認ください
着付け教室の詳細

ご連絡お待ちしています(^^)お気軽にどうぞ。
CONTACTページ

 

Sponsored Links

 


 

 

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です