今年の干し芋は、マルセ物産で。

 

昨年末のこと。
我が家では毎年恒例の、【今年の干し芋どこで買うか会議】が開かれました。

私 「友達に送る干し芋、今年はどうしようかなー」

母 「マルセにしたら?家の分はお父さんが菅谷商店に買いに行くってよ」

私 「へーそうなんだ。やっぱマルセだよね、小分けになってるしね。そうするわー」

…ということで、即決。

 

そうです、昨年の干し芋は鉾田にある菅谷商店で買いました。過去記事です↓

 

とってもとってもおいしい干し芋でした。

ただ、菅谷商店の干し芋は
・「小分けになっていないこと」
・「見た目が超絶素朴」
という理由により人に差し上げるのにはいかがかな…という気持ちになりまして…

結果、今年の干し芋は鹿嶋市の「マルセ物産」に決定!

 

Sponsored Links

 

鹿嶋の干し芋といえばマルセ物産

ということでやって来ました、マルセ物産。

カシマスタジアムの近くを通り、はまなす公園を目指しつつ、そしてそこを通り過ぎつつ、畑の中をひたすらまっすぐ進むとたどり着きます。(鹿嶋方面から行くと、の話です。)

 

店内のカウンターにはこのようにズラッと商品が並んでいます。

いもパラ(干し芋パラダイス)ですわ。

 

ここで、突然ですが「私的マルセ物産干し芋ランキング」トップ3の発表です。

まずは第3位。

「紅はるか 丸干芋 500円」

いきなり出ました、丸干し!
おいしい。県外の友人に人気があります。(私調べ)
そしてなにより、丸干しの特別感✨ですね。でも入ってる量がちょっと少ないんだよなぁ。。田舎っぽさを前面に押し出して、どさっと入っているともっと嬉しいんだけどなぁ😜

続いて第2位!

「干しいも 350g入 700円」

これもおいしい!1位と迷いました。
ちょっと「昔ながらの」みたいな味わいがあります。
昔ながらのと言っても、粉が吹いてカッチコチの硬い干し芋ではないです。全然。
柔らかくて甘くて深みがあるというか、噛みしめるたびに味が広がる系の、ホッとするようなそんな干し芋でございます。

そして第1位!!

「紅はるか 350g入 800円」

甘ーい!柔らかーい!おいしーい!
「これを食べてもらえたら、鹿嶋の干し芋を感じてもらえると思うよ」って言いたくなる干し芋です。
ほら、色もきれいですよね、透明感があって。お上品だわ〜。
この柔らかさは「ネチャネチャ系」に分類されますでしょうかね。食べた後に手を洗わないと、スマホベタベタになる系です。お気を付けください。

トップ3は間違いなくおいしいですが、他にもいろんな種類の干し芋があるので、食べ比べなんかしちゃってもゴキゲンですね。

試しに買ってみるのにちょうどいい、少量パックもありますよ。

会計をしてもらいながら、お店の方に「ブログで書かせてもらってもいいですか?」と尋ねると、「どんどん、もうどんどん書いてください✨」と快くお返事を頂けました。

で、商品の写真をパチパチ撮っていると、「ん〜、こっちの方が美味しそうに見えるかな🎵」とか言いながらカウンターの向こうから陳列し直すマダム。
…めちゃキュート!😍素敵なお母さんにも会える、いいお店です。

 

干し芋が好きすぎて、今年もついつい熱くなってしまいました。
でもほんとに茨城の干し芋はおいしいので、ぜひ食べて欲しいなぁ🍠

都会に届け、田舎の味!!

 お店の情報

【マルセ物産】
TEL/0299-69-2772
FAX/0299-69-5522
住所/茨城県鹿嶋市青塚908-1
駐車場/あり
HP/http://kashimashi.info/shop/maruse/?page_id=8
  ※通販でも買えるみたいです。

 

ちなみにマルセの干し芋は、潮来の道の駅でも買えます。少しだけ割高ですが。。

なのでもし来られるなら直売所まで来た方が、種類もたくさん置いてあるしおすすめです。キュートなお母さんにも会えるし❤️
でもまぁ、サッカーとか何かのついでに鹿嶋に来る方には、潮来の道の駅は便利ですね😊おいしい飲むヨーグルトも売ってるし♩

干し芋のためだけに鹿嶋まで行けないな(←そりゃそーだ)という方へ。 

マルセの干し芋じゃないけど、ぜひ丸干し芋をご賞味ください。▼

 

 使用カメラ

カメラはCanon EOS M3を使用しています。▼


 

Sponsored Links

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です